忙しい11月『決める事が多いホーリーズ』

おはこんばんにちは!

ホーリーです。

久しぶりの更新となってしまいました。11月最初の記事なのに11月が終わろうとしてるなんて・・・w

今日のお題はこちら

 

『創業するとき決める事多すぎ』

はい。毎度のことながら、タイトルのまんまですwこの辺少しモジって言えたらいいんですけど、ホーリーは腕が足りません(^▽^;)

『創業するとき決める事多すぎ』と書きましたが、会社経営者や個人創業の方からは『当たり前だろw|д゚)』と言われそうな内容です。

私も創業して半年も経ったら『当たり前だろw|д゚)』とか言っちゃう人になりそうですけど・・・

まぁ現状このレベルなんですが、さらにレベルアップできるように行動していきます。

  

 現状決めなきゃいけないリスト

  • ホーリーズの拠点を決める
  • 創業計画書を仕上げねば×2
  • 仕入れ時期を決定
  • 創業融資(借入)の準備
  • 全国創業スクール選手権で東京に行く準備

 

 ホーリーズの拠点を決める

 

最大のテーマとなってる『拠点を決める』

これが決まらないとめちゃくちゃ不都合だらけなんです。なぜかというと、【沖縄島遊びホーリーズ】は許認可制の事業なんです。

一応、国から認められないとできない事業なんですが、その申請をするのに『拠点を決める』というのが最低条件となってるんです。

ホーリーが拠点として挙げてる候補地は[うるま市]と[沖縄市]

中部の魅力をもっと発信したいっていう思いからなんですが、この地域は大変なんです。

なぜかというと・・・

 

 

カンの良い方は気づきましたねw

『物件が少ない』これが拠点がなかなか最大の要因です。

地域柄だと思うけど、商業が発展しているというよりは居住地域として人気がある場所で居住物件は多いけどテナント物件は少ないんです。

しかも、数少ない物件の中から選ぼうにも、

  • 大通りに面している物件は駐車場無しがほとんど。
  • 家賃も那覇と代り映えしない。
  • 保証会社+保証人2人必須という不動産業者が多い
  • 好物件を見つけたと思っても『客寄せ物件』で既に決まっている

こんな条件から好みの物件を見つけるほうが至難の業ですよw

幸いにも現在交渉中の物件があって、不動産業者の担当の方とも話をして事業内容にとても共感して頂いてます。

この物件で決まる事を前提に動いてます♪

 

 創業計画書を仕上げねば×2

 

どんな人でも創業時に融資を申し込む人であれば『創業計画書or事業計画書」というものを作らなければいけませんよね。

ホーリーもそのうちの一人なんですが、ホーリーの場合は少し事情が変わってきます。

『融資申請用の創業計画書』『全国創業スクール選手権用の創業計画書』の二つを同時期に完成させなければいけないんです。

『融資申請用の創業計画書』について

これは日本政策金融公庫(国金)から借りる場合も、その他金融機関から借りる場合も必要になってきますね。

私の場合は、逆算しても12月末から1月初めまでに借入を終えないと創業時期がズレてしまいます。

金融機関主催の創業スクールで1位になった事業計画だからなのか、金融機関の担当者さんのバックアップが凄いんです!

本来は代表者が1人で取り組むべきことだと思いますが、「創業計画書の見直し」「融資アドバイス」「各機関への同行」

などめちゃくちゃ協力してもらっています。

ちなみに今日が第1回目の締切なんです・・・w書類提出急ぎま~す

 

 仕入れ時期を決定

 

これも拠点が決まらないと始まらないことなんですが、『トライク』を使うからには車両とキットを仕入れないと作れません。

車両なんですが、ホーリーの地元から仕入れます。「わざわざ地元でなくても仕入れられるだと?」って声が聞こえてきそうですが、必要なんです♪

多くの仲間にサポートしてもらいながらこの事業をスタートさせようとしています。もちろん仕入れに関してもです!

沖縄の業者の事は分かりませんが、私の知っている業界の人はスペシャルで信頼出来る人しかいません。だから信頼のできる人から買いたい♪

実際、年内で仕入れの手配を行って年明けから『トライク制作』に取り掛かる予定にしてます。

 

 創業融資(借入)の準備

 

『これがクリア出来なければそもそも開業出来ない』ってくらい重要な「借入の準備」

『創業計画書を仕上げねば×2』の部分でも書きましたが、金融機関の担当者さんと二人三脚しながら準備を進めています。

来月半ばまでに申込&審査がスタート出来れば、年内に結果が分かるらしいです。

でもただ、創業計画書を作って提出すれば良いわけではないみたいです・・・

「県融資制度」を使うので、創業する地域を管轄する商工会から『融資あっせん』をしてもらう必要があり、さらに保証協会で審査をしてOKでなければならないというハードルも時間もかなりかかる内容となってます。

まぁ単独で挑むとなるとこんな短期決着なんて無理な内容なんですが、金融機関の担当者さんが居てくれるので自分の考えだけじゃなく、ブラッシュアップされた内容に仕上げることができています。

 全国創業スクール選手権で東京に行く準備

 

これまた勝手に東京行きを公言しておりますw

「めちゃくちゃ忙しい時期に創業スクール選手権行ってる場合か?」って?ホーリーも一時は考えましたよ( ̄▽ ̄)そして参加することを決めました!決めたからには何か持って帰らないとね♪『最低でも特別賞』『最高なら大賞』ってなぐらいw

これから【沖縄島遊びホーリーズ】の代表として、しっかりこの事業を育てていかないといけません。知名度の無いホーリーが今出来る事と言えば『目の前の課題に取り組む事』『家族・友人・知人・先輩・後輩・講師などホーリーを知る全ての人に協力をお願いする事』『多くの人と出会い広める活動をする事』です。

創業スクール選手権で大賞が取れれば、より多くの人に【沖縄島遊びホーリーズ】の存在・サービス内容を知ってもらうことができます!

「案ずるより産むがごとし」 考えすぎは頭がパニックになるだけやから行動する癖が大事ですね♪

 

 まとめ

 

バーーーーーーーーーーーっといろんな内容を書きましたが、11月にホーリーの身に起こっている事を実況してみました!

創業するだけは簡単」「誰でも創業できるよ」なんて話は腐るほど聞いてきました。

実際創業が簡単なのかと言えばきっと『NO!!!!!!!!』『そんなことあるかいw』って人が大半なはず。ホーリーもですw

ただ、創業という大問題をクリアした人からみれば「もうやり方分かったから次からは簡単だよ」っていうだけの話。

人に仕えるサラリーマンと比べ、いかに大変なことをしようとしているのか毎日思い知らされながらも

『これがやりたい』

という気持ちが燃え尽きていないことを確認しながら頑張っていきます♪

 

11月のまとめでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA